CATEGORY

成功法則

強い信念と勇気で夢を支える

人はどうしても安楽な方へ流れる傾向があります。 また「楽して成功したい」とも考えてしまいます。 コーチングを受けても、成功法則を学んでも、最短でうまくいく事を心の中で願っているものです。 もちろんある程度は、成功するための理論を学べばうまくいくことでしょう。 問題はその後です。 自分が変わると世界も変わる 人生の成 […]

成功バイオリズムを調整して成功する

内部表現の書き換えに加えて、私が独自に行っているメソッドがあります。 それが「成功バイオリズムの調整」 人の「身体」「感情」「知性」や「運勢」にはバイオリズムが存在しています。 いわゆる<好不調の波> なんとなく調子がいい日もあれば悪い日もある。 特に変化が起きるようなことは何もしていなくても、運勢の波がある。これ […]

成功者の仲間になると成功する

人生は長いようで短いものです。 若い時は時間が進むのがとても遅く感じられ、「大人になることさえ想像できなかった。」という方がほとんどだと思います。 しかし大人になり、自分と将来に対する認識ができるようになると、現実を直視し、「このままでいいのだろうか?」と悩むようになる。 「自分には何ができるのだろう?」 「このま […]

書き留めてゴールを次々と達成していく

ビジネスでよく使うものとして、「TO DO リスト」があります。 その日の予定や近々やろうとしている事柄、約束事を書き留めるものです。 私も以前は記憶に相当の自信があったもので、一切ノートやメモは取らなかったのですが、最近では必ずメモを取ったり、大事な予定は書き留めることにしています。 それはその方が明らかに効率が […]

ネガティブな想念からのリカバリー法

「小人閑居して不善をなす」 これは中国の古典「四書五経」の【大学】の一節ですが、つまり「小人は他人の目がないと悪い事をする。」「つまらない凡人は、一人にするとろくなことをしない。」 心が痛い教えですが(笑)、これは凡人に限ったことではありませんよね。 ごく普通にまともな人や、立派な人であっても、他人の目が届かない場 […]

一流になるには一流のものに触れること

世の中には様々な仕事があり、その中で骨董品やブランド品の鑑定をされる方々がいます。 いわゆる鑑定士という肩書になりますが、全くの素人を一流の鑑定士に育てる場合にやることがあるそうです。 それは何なのか? 一般的に出てきそうな答えを上げると、 ブランドの特徴 作者の癖や特徴 その年代の作品の特徴(時代背景と流行等) […]

やりたいことだらけの記憶を引き出す

人はいつか必ずその一生を終えます。 どんな人であっても死から逃れることはできません。 努力しても、しなくても未来はやってくる。そしていつの日か死もやってくる。 未来から時の流れがどんどん現在へ、そして過去へと流れていく中で、あなたは何をしていくのか。 人が死ぬときに後悔すること 「結婚しなかった事」、「子供を作らな […]

成功するのは実は簡単だ

世の中には様々な分野で成功して、幸せな人生を謳歌している人達がいます。 その反面、何をやってもうまくいかない人達。何かをやっているのであればまだマシと言えるでしょう。なぜならばやっている何かが良いかどうかは別としても、経験を積んでいるからです。何もせずに不運な人生に甘んじているのでしたら、それは問題外と言えます。 […]

人のためにする時、叡智が降りてくる

「人々を幸せにすること」 ウォルト・ディズニー 「人々が必要とする発明品を作ること」 トーマス・エジソン 「出来るだけ多くのお金を稼いで前半生を過ごし、後半生はそのお金を全ての慈善に使って過ごす。」 アンドリュー・カーネギー 偉大な功績を世の中に残した人や、会社の創業者は、大きな社会貢献の強い信念を持っているもので […]

失敗という洗脳を乗り越えろ

失敗という単語は、とても重く感じるものです。 失=失う 敗=敗れる なんかとてもネガティブで二度と立ち上げれないような(笑)雰囲気を醸し出しています。 漢字にはそれぞれに意味がありますので、その漢字を見た瞬間に意味も汲み取ってしまいますので、心に悪いイメージが焼き付いてしまうのですね。 まさに言葉に洗脳された状態と […]

占いによる限定意識の弊害

人は何故か占いが好きなようです。特に日本人は生活の中にかなり浸透しています。 これは人間というものが、意識的な存在であり、心や魂の世界の神秘を感じ取っているからなのでしょう。 だから、何かあるんじゃないか? 運命というのは予め決まっているのかもしれない。 この先どうなっていくのだろう。 人は様々に悩むのです。そこで […]