アメリカの大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースの遊撃手(ショート)と言えば、引退したデレク・ジーター選手。その後釜に座ったのがダイヤモンドバックスからトレードで来たディーディー・グレゴリアス内野手(背番号18)です。

高い身体能力で守備力に定評があるディーディー・グレゴリアスはWBCのオランダ代表としても有名ですね。今回のWBCでもオランダがベスト4に入る立役者の一人でした。

ディーディーグレゴリアスのサインボール

ディーディーにフロリダで会う機会があり、ヤンキースのオフィシャル・ボールにサインをしてもらいました。結構気さくでいい好青年でした。

2016年は153試合に出場して打率.276・20本塁打・70打点という成績をマーク。今後も期待しています。