昨日ミスユニバース2017のファイナル審査がありました。

グランプリには千葉県代表の阿部桃子さんが選ばれ、見事【2017ミス・ユニバース・ジャパン】となりました。

阿部桃子さんは、なんとテレビリポーターとしても有名な阿部祐二さんの長女ということです。

ミスユニバースになるためには、ルックスとスタイルだけではなれません。知識・教養・品格・スピーチ力など内面性やアピール力も備わっている必要があり、さらに世界大会に出るわけですから、モデル並みの身長もなくてはなりません。

中身は後天的に得ることも可能ですが、身長や土台となるプロポーションなどは先天的要素ですので、生まれながらの長所も必須な訳ですね。

ミスユニバースジャパンの阿部桃子さん

私も阿部桃子さんにはファイナル前にお会いしていますが、もともと身長が175cmもあるため、ハイヒールを履くと私よりも背が高くなります(笑)

私も181cmありますが、目の位置が私よりも上にくるので、滅多にない感覚でした。ちなみにミスユニバースともなると圧倒的に美人で品格があります。そのオーラは半端ないものがありました。

是非世界大会でも活躍し、世界のために活動をして欲しいと思います。