安河内哲也先生

先週、英語のカリスマコーチである安河内哲也先生とお会いしました。

数々のテレビやCM、たくさんの書籍でもお馴染みですね。

とにかく「使える英語」教育の普及に全力で取り組んでおられる。

年は私の方が一つ下ですが、ほぼ同年代。とにかくエネルギッシュで情熱的な話し方が印象的でした。

「英語やりましょうよ!!!」

「あ、はい(笑)やってますが。。。」みたいに始まり、いろいろとお話されました。

英語習得のポイントとしては

  • とにかく発音する。言葉に出すこと。
    頭で理解してるだけでは、試験には受かるかもしれませんが、会話ができるようにはなりません。理解すると同時に話すための脳の経路をつくるには、発音が必須ということです。
  • 単語勉強ではなく、文例で覚えること。
    日本ですと単語テストがあるのでやりがちですが、単語暗記では使い方は勉強できません。文例で学ぶことにより、TPOに応じた単語の選択もできるようになり、自然なセンテンスとして記憶に残ります。
  • 間違ってもいい。とにかく量を話すこと。
    日本人の特徴として、間違えない英語を使おうとして、だから恥ずかして話ができない、というのがあるかと思います。
    そもそも日頃から私たちが話している日本語自体も怪しい。正式な分法や単語と言えないものもたくさんあり、でも意思の疎通はできます。口語なんてそんなものですね。
    それよりもコミュニケーシが第一ですから、積極性があり、たくさんの量を話せば、その中から推測し相手も理解できるものなのです。

他にもアメリカのドラマを見る方法も薦めていますね。私もオススメします。何といってもネイティブの言葉に慣れることができるし、日常使われる口語表現で構成されているからです。これが一番実際の生活に近い英語となります。