2018ワールドカップ

現在、2018 FIFAワールドカップ ロシア大会が行われていて、サッカーファンならずとも毎日の結果が楽しみなのではないでしょうか?

日本代表も昨夜はグループリーグ突破をかけた、大切な一戦でした。

「現在1位であっても、負ければ敗退の可能性がある」という中、多くのプレッシャーもあったかと思います。

しかしその戦い方は賛否両論を呼んでいます。

グループリーグ突破を決めた日本のファンは喜び、海外メディアからは相当のバッシングを受けております。

グループリーグ最終戦での戦い方について

日本はポーランドに勝つか引き分けで決勝トーナメント進出という状況でした。

しかし後半に一点を入れられ、このままでは敗退決定という中、同時刻に試合をしていたコロンビア対セネガルの試合が動きます。

なんとコロンビアが得点し、1-0でリードしたのです。

つまりポーランド戦でこのまま0-1で負けても、コロンビアが1-0で勝てば、フェアプレー適用でグループリーグを突破できる状況になったのです。

フェアプレー適用とは

ずばり今までの戦いで受けたイエローカードとレッドカードの枚数による計算です。つまり勝ち点と得失点差で並んだ場合には、より反則カードをもらった枚数が少ない方が勝つ、ということになります。

ここで日本のベンチがある作戦に出ました。

日本には二つの選択肢がありました。

  1. 攻めて同点か勝ち越すことによって、自力で決勝トーナメント進出を掴む(積極策)
  2. このまま守りに入って、コロンビアが逃げ切るのに賭ける(消極策)

日本が選んだ大胆な消極策

西野監督が取った作戦が後者の消極策でした。

これには私も残念な気持ちになりました。

ポーランドもこのまま終われば勝ちが決まり、全敗(勝ち点ゼロ)から逃れられ、最低限度の面目を保てます。

日本はこのまま追加失点しないで守って終わる。負けてよし、という作戦なので、お互い攻めません。結局は何もないまま試合は終わりました。

当然会場内はものすごいブーイングの嵐です。

海外メディアでは、「最大の被害者は観客だった」と言っていますが、まさにその通りだったと思います。高いお金を払ってこんな試合を見たくはありません。

作戦としては16強に進むことだけを考えた、かなり大胆な作戦でしたが、健全なスポーツ精神という立場からはほど遠いものと言えます。

コーチングからは外れたゴール設定だった

この問題の根本にあるのは、実はゴール設定の過ちであります。

西野監督は大会前から「グループリーグ突破が目標」と言っていました。

これにもがっかりでした。既に過去2回もグループリーグ突破を成し遂げているのに、またゴールがそれか、と。

コーチング理論からすると、本来ならベスト4とかをゴールにすべきです。もちろん優勝でも構いません。

実際に可能かどうかは関係ありません。高いゴールを持つほど、上にいける可能性が高まるからです。

人は目標以上にはなれないのです。

だから実際にできるかどうかの現状判断ではなく、高いゴールを設定することによって、ベスト8やベスト4への道が開けるかもしれない、ということです。

2002年の大会では韓国がベスト4に入りましたので、絶対に不可能ではないのです。それなのに目標がグループリーグ突破ですから。。。

人選ミスと単調なゲーム展開

この試合、西野監督は先発6人を入れ替えました。

連戦の疲れを考慮すればあり得る選択ではありました。しかし問題はトップ下(司令塔)の香川と本田の両方を外したことです。

おそらく柴崎がいれば何とかなると思ったのでしょう。

しかしワールドクラスになれば、攻められる時間帯が増えます。だからこそボランチ(中盤の下)でボールをキープし捌ける柴崎が生きたのです。

さらに中盤の底で柴崎がゲームを作り、トップ下で香川や本田が攻めのゲームを作る。

この縦線の二段階でのゲームメークがここまでの日本を支えてきた、と私は思っています。

昨夜のポーランド戦では、トップ下でゲームを作れる選手がおらず、その結果単調な攻めと、スピード感のない戦いとなり、前半は0-0で終えることになったとみています。

私ならやったであろう作戦

私が監督なら、守ってグループリーグ突破など考えなかったと思います。

前半は点を取りに行くサッカーに徹したと思います。

思ったほどポーランドのプレスが強くなかったので、前半に勝負に出ればおそらく点は入ったでしょう。そのためにも香川か本田は必要でした。

前半に得点できれば、後半は守っても誰も文句はいいません。

ところで、岡崎の負傷退場は予想外で、一つの交代枠を使ってしまったのは誤算であったと思います。しかし次の乾の投入は私ならしなかったでしょう。

乾は香川とのコンビで光っていましたので、司令塔がいない状況では無力に近い。実際にほとんど乾らしい活躍はできませんでした。あそこは間違いなく本田でいくべきでした。

そして別試合のコロンビアがリードすることによって、西野監督は完全な守りに入ることになったのです。

トーナメント表を無視した選択

実は戦う前から、決勝トーナメントの相手関係は予測できていました。

グループH以外は、リーグでの順位が決まっていましたので、トーナメント表のどちら側に入れるかは予想できたのです。

一位通過なら、比較的弱い方のグループに入れました。二位通過の場合は、強豪揃いの死のグループです。

本当にベスト4を目指した場合には、当然弱めのグループに入った方が有利なため、何としても一位通過が必須でした。

しかし日本ベンチは16強に入れればいい、という考え(目標)だったので、今をしのぐことだけの、あのような作戦に出たのです。

日本もここで終わりか

ゴールを達成するとエネルギーは急速になくなります。

安心感や達成感がハングリー精神を消してしまうからです。

日本(西野監督)の目標はグループリーグ突破(16強)でしたので、普通ならここで終わりです。

しかも死のグループですので、次戦はベルギー、万が一勝ててもその次はブラジルです。

以上の理由から、おそらくここで終わりではないでしょうか。

後は選手個人個人が監督とは違い、遥か上を目指していることを願うばかりです。そうでなければ、点差が開いて負ける可能性も大いにある決勝トーナメントとなってしまうかもしれません。