ゴールドマスターズ

私は陸上競技をやっています。

もちろん職業ではありません(笑) 趣味と健康と研究のためです。

最近ではマスターズ陸上も盛り上がってきました。最初の盛り上げ役はタレントの武井壮さんですね。

ブラジルの世界大会から参加し、個人で銅メダルを取ったことで一躍脚光を浴びました。その後さらに二大会連続でメダルを獲得しています。(リレーでの金メダル)

他にもお笑い芸人のペナルティ・ワッキーさんやテレビのSASUKEに出ている選手。

2008年北京オリンピック・陸上男子4x100mリレーの銀メダリストである朝原宣治さんも今年からマスターズに参戦。

さらにタレントの照英さんも今夏からマスターズ陸上を始めました。照英さんは同じ埼玉チームのゼッケンですので、とてもうれしいですね。

コーチングで潜在能力を引き出す

私は5年前からマスターズ陸上に参戦していますが、もともと陸上選手だった訳ではありません。陸上の部活にも所属したことがありません。完全に素人からの参戦でした。

マスターズをやる人はほとんどが学生時代に陸上選手だった人達です。

その中に素人がいきなり入ったらどうなるか?当然結果はボロ負けのはずです。

ところが私はバリバリの陸上選手の中に入って、互角以上の結果を出し続けています。

それは何故なのか?

答えは簡単です。それは私が苫米地式認定のプロコーチだからです(笑)

苫米地英人博士とマーク・シューベルトから直接コーチング理論を学んでおりますので、メンタルが違います。

これは私の実験と研究でもあります。コーチングによってパフォーマンスが飛躍的に向上する実践と証明の場として、マスターズ陸上もやっているのです。

自分で自分の能力を上げる(自分をコーチングする)ことを、セルフコーチングと言いますが、セルフコーチングによって結果をどこまで伸ばせるのか?これを検証し続けています。

私のこれまでの最高成績

この5年間の最高成績としては、関東大会での金メダルと東日本選手権での銀メダルになります。

元素人がよく取れたと思われますが、私は当然の結果だと思っています。コンフォートゾーンはもっと上に設定していますので、この結果でも悔しく思っているくらいです。

※他にもメダルは多数獲得しています。

国際大会での結果と反省・学び

今年初めて国際大会に出場しましたが、この時のゴール設定は今から考えるとあり得ないくらい低いものでした。

これがスポーツ選手の一つの落とし穴です。

普段の成績を自分で知っているため、「その辺りに来る」のが当たり前になってしまい、現状のコンフォートゾーンを無意識に作ってしまいがちです。今回は私もそれをやってしまいました。

全日本選手権や国際大会ともなると、相手は相当な強豪揃いです。よって元素人の自分では「まだそこまでではない」と知っているため、ゴール設定も低く設定してしまいがちなのです。

私は当初「国際大会だから、8位入賞くらいできればいいかな」と思っていました。これが全ての間違いです。

コーチでありながら、コンフォートゾーンのカラクリにハマってしまいました(笑)←(※自分も経験しているからこそ、客観的なコーチングの場面では正しく指導できるので、恥ずかしくはありませんので紹介しています。)

大会2週間前の大けが

ところで国際大会の2週間前に致命的なケガをしてしまいました。

私の種目は砲丸投げですが、右手人差し指の靭帯損傷です。これは普通なら棄権しなくてはいけないケガのレベルです。痛くて玉も持てません。

しかし私は強行出場しました。

「それでも出場できる。投げれる工夫があるはずだ。」と本気で思っていましたので、いろいろな秘策を思いつくわけです。

自分が既に大会で投げている状況をイメージできていましたので、それを可能にするアイデアがどんどん湧いてきます。これがコーチングの凄いところですね。

鉛でギブスを自分で作り、テーピングで人差し指と中指を完全固定することで、痛みなく投げれるようになりました。(靭帯は損傷したままですので、固定しなければ激痛の状況)

さらに投げ方も工夫して指に負担がかからないようにしました(これによって飛距離は落ちますので、結果にはこだわらずに出場するための秘策ではあります)

国際ゴールドマスターの結果とケガの原因

国際大会で4位入賞

そして臨んだ国際ゴールドマスターズ大会ですが、4位入賞することができました。

しかしここで「ハッ」と気が付きます。

何故自分が大会2週間前にケガをしたのか。

それは「そもそもの目標が8位入賞すれば上出来」だったからではないのか?ということです。

はっきり言って、体調万全で臨めば、メダルに届いた可能性が高いのですから。

潜在意識は天才です。

「このまま行くとメダルを獲得してしまうから、ケガをすることによって微調整をし、予定通りの入賞で終われる。」と無意識が判断した場合、そのようになる可能性があります。

これは実際によく起こることです。

  • 目標が低い人は、低い状況を保つために、成功した後に必ず失敗し、元に戻る。
  • お金がない人は、大金が入ると散在し、元の貧乏に戻る。
  • 独りが当たり前の人は、お付き合いをしても、必ず何か問題を引き起こして、別れる結果となる。(毎回3ヵ月で別れる人、等)

このように目標設定に応じて、または日頃のコンフォートゾーンによって、無意識はそこに向かうためにあらゆる現象を引き起こします。

だからこそ、本来は自分にはまだ難しいレベルであっても、あえて遠いハイレベルな位置にゴールを設定する必要があるのです。

私の場合、例え初参加の国際大会であっても、最初から「メダルを取っている自分をイメージ」するべきだったのです。

コーチングでは現状や過去は一切関係ありません。

常に新しい自分になれる可能性を秘めているので、現状を超えたところにゴールを設定することにより、次々と壁を打ち破っていくことができるのです。

この絶対法則の重要性を、体験を持って認識できた大変重要な大会でありました。