フォロロマーノ

一旦ホテルで休憩後、イタリア建国に関する重要史料を見学できるということで、カヴール通りからヴェネツィア広場の方へ徒歩で向かいました。

ローマは比較的こじんまりとした街ですので、全然歩けます。むしろ通るバスはほぼ満員のようで、時間も読めないので、使いませんでした。

ところでビックリですね。歩いていると普通にコロッセオが道の奥に出現しました。

コロッセオ

「えっ」ですよね。さら道を進むと一番上の画像であるフォロロマーノが普通にそこに存在しています。ローマは本当に凄い街です。

そして何故か知り合いが突然目の前に現れ、挨拶してきました。「あれ???」なんとコーチングの同期生と偶然出会ったのです。そしてそのまま一緒にヴェネツィア広場の方へ。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂です。

こんな建物や光景がどこにでもあるのがローマです。街全体が美術館という印象。

特に観光に来た訳ではないので、観光地に向かう意思は全くないのですが、歩いていると普通に凄い歴史的な建物が目の前にあるという、不思議な感じ。

ここから数分の場所に見学の建物があるということなので、さらに奥に進んでいきます。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ

イタリア建国に関する機密文書

ローマの政府機関

その後コーチングの仲間たちと合流し、待ち合わせ場所にいるとルッフォロ大佐が現れ、本日の見学場所へと案内されます。

どうやら?政府の建物のようで、厳重なセキュリティチェックを受けます。

ここでイタリアの歴史から建国、そして騎士団の歴史も含めて多くの機密文書を直接拝見し、多くの学びを得ました。またガリレオの小部屋や、物凄い美術品や壁画等も鑑賞し、一般人では絶対に入れない、見れない貴重な体験をさせて頂きました。本当に感謝しかないですね。

見学が終わるともう夜でしたので、コーチングの同僚たちとイタリアン・ディナーを食べにいき、情報交換も含めて有意義な時間を過ごさせていただきました。

イタリアンディナー

夕食後は、既に結構遅い時間でしたので、明日もスケジュールでぎっしりですので、そのままホテルに向かいます。23時過ぎの時間帯でしたが、特に危ない雰囲気もなく、20-30分くらいの道のりを歩いて帰りました。

ローマは観光客が多いので、特に道を外れない限りは安全だと思います。

モンティパレスホテルでの朝食

9/29(土)の朝です。

イタリアは朝食付きのホテルが多いようです。ホテルのランクによって、朝食のグレードもだいぶ変わるようですが、モンティパレスホテルは最高でしたね。

モンティパレスホテルの朝食

生ハムやチーズ各種も絶品で、ジュースやフルーツも新鮮。食文化が栄えている場所って本当にいいですね。本場のエスプレッソもしっかりいただきました。

エスプレッソ

騎士団の年次総会へ

9/29(土)はイタリア王家騎士団の年次総会がありました。

騎士団

実はこの日は時間配分を誤ってしまい、到底開始時間には着かない状況に陥ってしまいました。仕方がないので、知り合いに遅刻の旨の連絡を入れました。

地下鉄BからAへと乗り継ぎ、駅から走ってようやくたどり着いたのですが、なんと!時間が過ぎていたにも関わらず、何も始まっていませんでした(笑)

というか、到着していない人もたくさんおり、結局始まったのは1時間後です(笑) イタリア王子が到着したのも、本当に始まる直前でした。

「これがイタリアか」(笑) 日本は本当に時間にキチキチですので、実はそれだけで見えないストレスを抱えているかもしれない、ここにいると本当にそう思えてきます。

※もちろん時間に正確な日本の方が好きではありますが。。。

総会後

オススメのイタリアン・ジェラートのお店

総会が終わると、一旦解散。

夜には宮廷晩餐会がありますので、それまで休憩となります。

コーチングの仲間が前日に地元の人から「ローマで一番美味しいというイタリアンジェラートのお店」を聞いた、とのことで、そのお店に皆で向かいました。

ちょうど隣の駅だったので、ベストなロケーションでした。

地下鉄A線のVittorio Emanuele駅。テルミニ駅の隣です。そこから数分以上歩いた場所にあるのが、Gelateria Fassi です。

Gelateria Fassi

ここは観光地ではないため、お客さんのほとんどが地元の方々でした。よって価格もリーズナブル。観光地は高いですね、しかも小さい。

ここは大きくて安くて、美味しいです(笑) やはり地元の中にあるお店こそが本物と言えます。

Gelateria Fassiのイタリアンジェラート

ところで、この辺りはそれほど治安は良くありません。移民の町でしょうか。ちょっと雰囲気が違いますね。私も海外在住歴があるので、その辺の気の違いはすぐに察します。

女性一人や男性であっても夜はどうか、と思いましたので、一応ご注意ください。

職人の工房巡り

皆と別れた後は、私個人の目的である、職人の工房やショップを視察させて頂きました。ローマには小さな職人工房がたくさん点在しています。

作るものは違っても職人の技は、相互に影響を与えます。多くの技術は結構な参考になるものです。

モンティパレス

その後、モンティパレスに戻り、しばし休憩。

そして晩餐会へ(つづく)