Anybody Can Be Successful

世の中には様々な分野で成功して、幸せな人生を謳歌している人達がいます。

その反面、何をやってもうまくいかない人達。何かをやっているのであればまだマシと言えるでしょう。なぜならばやっている何かが良いかどうかは別としても、経験を積んでいるからです。何もせずに不運な人生に甘んじているのでしたら、それは問題外と言えます。

実は成功するのも失敗するのも、ほんの少しの考え方の違いでしかありません。だから今うまくいかなくても、何かを継続してやっている人は、うまくいったときに今までの経験が活きてきます。

ところで成功というのはそれほど難しいものではありません。ものすごく難しい、一部の人にしか出来ないと思い込んでいるから、出来ないのです。当然そこに到達するための道も見えない。当たり前ですよね。

自分にはできない、と思っているから。

成功への道半ば、数々の試練や困難も経験するでしょう。

しかしそれは当たり前のことなのです。成功と失敗は交互にやってくるものだからです。いや失敗ではなく、進んでいるから未知のものに遭遇するに過ぎません。それは本当は失敗とは言えません。次なる飛躍へのステップでしかないのです。

成功するのに年齢は関係ない

レイ・クロックは、56歳からマクドナルドを創業しました。

カーネル・サンダースは65歳からケンタッキーフライドチキン(KFC)をスタートしました。

人は、出来ない理由を年齢のせいにしがちですよね。

「もう年だから。」

「会社を設立するのに、ちょっと遅すぎた。あと10年早ければ。」

でも、先にあげた歴史的人物の2人を見て、何と言い訳しますか?年齢なんて関係ないのでは?

人間が死ぬ時に必ず後悔することがあるそうです。

それは、「夢を達成できなかったことではなく、夢に向かってチャレンジしなかったこと。」

あなたはいつ始めますか?