The flow of time

人はいつか必ずその一生を終えます。

どんな人であっても死から逃れることはできません。

努力しても、しなくても未来はやってくる。そしていつの日か死もやってくる。

未来から時の流れがどんどん現在へ、そして過去へと流れていく中で、あなたは何をしていくのか。

人が死ぬときに後悔すること

「結婚しなかった事」、「子供を作らなかった事」、「起業しなかったこと」等いろいろあるとは思いますが、共通して人間が最も後悔することは次のような事です。

それは
「失敗、成功に関係なく、やってみたい事にチャレンジしなかった事。」

今現在でも過去を顧みて、いろいろと後悔していることもあるのではないでしょうか?

「もし自分がもう一度あの時に戻れたら。。。。きっと人生は変わっていただろう。」

そして何故そう思うのか?

それは、「その時に行動することによって、何かを得られたはずであることが、今になってはっきりと分かるから」です。

しかし時間は帰ってこない。

ほとんどの物事は、早く始めるほど得

習い事、勉強、スポーツ、音楽、語学、他あらゆることに共通することですが、世の中にあるほとんどの亊は、早く始めれば始めるほど上手に習得できるようになっています。

もちろん個人差はありますし、向き不向きもあることでしょう。

しかし一般的な平均で考えると、早く始めた方がその分経験や場数をこなすことになりますので、圧倒的に有利となります。

ピアノや語学が特に当てはまると思います。

今になって、「もっと早くやっておけば。。。」この一点において、職業も人生そのものも、だいぶ変わってしまうものです。

なるべく早く、だから今やる

冒頭に「何もしなくても、未来はやってくる」と書きました。

行動しても行動しなくても、人は老いていく。何もしない人は、何も持たないまま、人生を終えていく。

そして死の直前になって初めて「行動できなかった自分を悔いる」ことになる。

 

このような人生は決して歩むな

本来持っているあなたの無限の可能性を埋めたまま、人生を終えてはいけない。

そのためまずやること。それはゴールを設定して、一歩踏み出してみること。

「そうは言っても、やりたいことが分からない」

そうかもしれない。しかしそれを理由に今まで踏み出さなかった自分を肯定してはいないだろうか?都合のいい言い訳にしてこなかっただろうか?

またはゴールという言葉におじけづき、自分のエフィカシーを下げて、ゴールをあまりにも巨大な岩である、と勘違いしていないだろうか?

ゴールという言葉が、何かとてつもない亊を設定しないと格好がつかない、と思っているなら、解釈を変えればいい。

あなたが興味があること、やると楽しいこと、スポーツでも読書でも芸術に触れることでも。。。

心から望むことに触れる時間をまずは増やしてみること。そういう感情に満たされた毎日を送っていると、やがて何かが変わってくる。

それは「ポジティブな感情が勝ってきた」から。

根底にポジティブなエネルギーが増え始めると、物事を楽観的に考えられるようになってくる。そしてマイナス思考からプラス思考へ、やらない自分から、やってみようか、という自分への変革が生まれ始める。

こうなったらしめたものだ。

ポジティブなエネルギーが勝った状態では、あなたの答えも変わってくることだろう。

以前のあなた: やりたいことが分からない
これからのあなた: やりたいことがたくさんある

子供の頃、みんな「やりたことだらけだった」

「あれやりたい!」「これやりたい!」「あれほしい!」「将来ああいう風になりたい!」

夢は広がり、ゴールもいくらでも出てくる。未来はバラ色だった。

それがあなたの本質。これが無限の可能性。

もちろん子供に比べて、時間は少ない。しかしまだある。残りの時間を最高の人生にするために。

そのためにコーチもあなたと供にある。